^ いこいの里 | 通所リハビリ行事

介護老人施設いこいの里 通所リハビリテーション 行事

通所リハビリ行事
 
 
 
例年より多かった雪も、彼岸を過ぎてからあっという間に消えてきています。季節の移り変わりに驚かされますね。いこいの里通所リハビリでは、3月にひな祭りを行ないました。年を重ねてもどこかウキウキするものです♪
通所リハビリのお雛様です。七段飾りの為迫力があって、皆様にも毎年好評です!ホールに飾ると気分も華やかになるようです。
今年は顔出しパネルを作成しました。
顔を出すとこんな感じになります!
意外に皆さん楽しまれて撮影されていました♪
レクではお雛様ボウリングをして楽しみましたよ。
お昼は桃の節句バイキングでお・も・て・な・し♪ 春色で、目にも美味しい食事になりました。
そしてお茶会では道明寺桜餅と、職員が直前まで作っていた手作り甘酒でほっこり春気分♪ 甘すぎず出来たてほかほかで、おかわりが出るほど好評でした! また来年も作っちゃおうかなあ♪
ホールの壁面の木にも桜が咲き始めています。 写真を撮ったときよりも今現在は満開に近いかな?
廊下の壁の足元側にもチューリップが咲いています。
 
楽しい行事が沢山ありますが、毎月の行事以外の日は何をやっているのか気になっていらっしゃる方もおられるでしょう♪ それではここで、いこいの里通所リハビリでのレクレーションの紹介をしたいと思います。
まずは一番出番が多いスカットボールです。ゲートボールの様なもので、球を点数の穴に入れて競います。スティックを使うことは稀で、大体がイスに座って手で転がしています。一度入りかけてもそのまま球が戻ってきてしまったりで、かなり盛り上がります! 時には投げるものをお手玉やピンポン玉などに変えて、力加減に変化をつけているんですよ。
缶積みも盛り上がります。空の缶をどんどん積み上げていくだけですが、バランスをとって積むのがかなり難しい!最高で15缶積んだ方もいます! ・・・缶を集める為に誰が頑張って飲んだのかは言えませんが、見事に酒の空き缶のみですね・・・。
こちらは職員手作りの方言かるたです。鹿角弁で作りました! 普通のかるたより面白い!若い職員に読ませると上手く読めずにつっかかり、笑いが起こります。利用者様にも鹿角弁のあれやこれやを教えてもらえますよ☆
楽しみながらリハビリにもなっています。 こちらはビー玉つまみ。ビー玉や碁石を箸でつまんで隣りの皿に移してもらうものです。 なかなか難しいですが、コツさえつかんでしまえば皆さんの手際の良い事!!
これは割り箸リレーに使用します。ペットボトルに割り箸を入れたり出したりして隣の方に繋いでいくリレー方式で行ないます。一気に入れようと束で掴むと、小さな口部分に入りきらず詰まってしまったり落ちてしまったりと、見ているほうもヤキモキしてしまいます。選手・応援者共に力が入るレクです。
こちらは数字盤。頭の体操しながら指先の訓練にもなります。
ひらがなのカードを使用して言葉作りもします。どれだけカードを使いきれるかな?
女性男性限らず、塗り絵も皆さん集中して取り組まれます。色使いのキレイさに毎回驚かされています。
今回紹介したのはほんの一部です。まだまだ面白いレクを沢山行なっています。職員一同、もっと楽しんでいただけるかいつも頭を捻っているんですよ♪ これからも楽しみにしていて下さいね!!



<介護老人保健施設 いこいの里> 秋田県鹿角市八幡平字小山50番地 0186-32-3330
Copyright © 2013 介護老人保健施設 いこいの里 All rights reserved.
by ホームページ制作 SHIMADA